【オススメ】3Dプリンターでフランジ作ってみた

未分類
3Dプリンターでフランジ作ってみた

3Dプリンターでフランジ作ってみた ぶちお,buchio,3Dプリンター,3DPrinter,クラフト,タイムラプス,フランジ,テスト

【UP主コメント】
今度は3Dプリンターでフランジを作ってみました。なぜフランジを作りたくなったかというと、3Dプリンターで作った物に水を通すことが出来るのか調べてみたかったからです。

通水試験1回目ではそのまま組んで通水してみました。最初は大丈夫かと思ったんですがすぐに継ぎ目から漏水しました。漏水の原因は、つば同士の接触面の凸凹の隙間から水が漏れたものと思われます。

通水試験2回目ではゴムパッキンを挟んで通水してみました。1回目よりは耐えましたが、結局少し漏水してしまい、完全に止めることはできませんでした。1回目の漏水原因である接触面の凸凹についてはパッキンで対策されていると考えられるので、今回の漏水の原因は、ボルトの締付個所の不足により、パッキンが十分密着できていない箇所があったのではないかと考えられました。

また、管の内壁において穴(又はスリット)がいくつもできており、水がそこを通ってフランジの構造内部に侵入することも今回試験をして分かりました。そして外壁にも同様な穴(スリット)が何か所もあったため、内部構造の隙間を通って外壁の穴から管表面に水が漏洩することも確認出来ました。このことからも水を通すことについては向かないということが分かりました。

見ていただいたら動画について何かコメント頂けると嬉しいです。
また動画がよいと思ったらチャンネル登録・Goodボタンも是非よろしくお願いします。

☆Thank you for Watching☆

【仕様】
使用機種:FLASHFORGE Finder
使用フィラメント:PLA(ELUTENG PLA+ 透明)
ノズル温度:210℃
積層ピッチ:0.18mm(初期設定)
推定フィラメント使用量:102.11g
出力予想時間:9時間28分
実出力時間:10時間20分

【クレジット】(お世話になってますm(_ _)m)
<BGM>
 DOVA-SYNDROME https://dova-s.jp/
 ・ファイル名「なぞなぞのなぞ」「Kさんはいぶし銀」「BRUTE_FORCE_ATTACK」
 NHKクリエイティブライブラリ http://www.nhk.or.jp/archives/creative/
 ・ファイル名「ぼくのおもちゃ箱」
<文字フォント>
 MODI工場さん http://modi.jpn.org/
 ・フォント「いろはマル」
<動画編集ソフト>
 Corel VideoStudio 2018

コメント

  1. FUJIVELOWORKSフジベロワークス より:

    印刷の向きが悪そう

  2. 41 TJ より:

    まさに、水を使う部品を3dプリンターで作ろうと思って3dプリンター
    を買い今日来ます。
    為に成りました。

  3. ぽっかあやさき より:

    3Dプリンターは水に弱い

  4. kiramekinoawa より:

    ボルトの締め付けでシールを直接潰す構造ですと、ボルトの締め付けトルクの不均等や配管に力が加わった時、シール材とフランジの間に隙間が出来てしまいます。特に動画のシール材はかなり分厚いようなので、どれか1本のボルトの締め付け過ぎてしまうと、隣接するボルトが緩んでしまう状況かと思います。
    自作の場合、市販のOリングを使用するのが一番簡単だと思います。使用するOリングを溝にセットして、ボルトの締め付け力がOリングの潰しに影響しない構造がいいと思います。溝の最適寸法はメーカーのカタログに載っています。
    Oリングの使用例↓
    http://www.sakagami-ltd.co.jp/products/ring/o-ring.html

  5. Mho357 G.G より:

    なにこのクソマニアックな動画とコメント欄…

    いろんな世界があるんやな…

  6. WAN ZERO より:

    そういう時はウレタン塗料でコーティングするんですよ。
    実際の現場でも(試作レベルの話ですが)そのようにします。

  7. 仕事 より:

    外壁を厚めに設定し、充填率を20%で行けば、できたかもしれませんね
    外壁と、充填率が低いため、積層間で割れて漏れてしまったのかと思います
    外壁を厚くするだけでも効果が出ると思いますので、調整してみるといいかもしれません

  8. Stone M より:

    こんにちは,自分はFlashForge Inventorを所有しております.今回はPLAの素材を使用したのでしょうか?どうしても,気密性の高いものを作るのは3Dプリンタでは難しいようですね.ただ,ABS樹脂のフィラメントにてアセトン処理を内部にも行いテストすれば少しは軽減されるのではないでしょうか.ただ,アセトン処理は寸法があまくなる,アセトン自体の取り扱いに注意が必要などの欠点がありますが.

タイトルとURLをコピーしました