【オススメ】【マイナンバー】銀行口座との紐付け始まる、2018年1月から。提示拒否者の口座は使えなくなります。

【オススメ】【マイナンバー】銀行口座との紐付け始まる、2018年1月から。提示拒否者の口座は使えなくなります。

【マイナンバー】銀行口座との紐付け始まる、2018年1月から。提示拒否者の口座は使えなくなります。 マイナンバー,銀行口座,マイナンバーカード,再発行,確定申告,通知カード,住所変更,紛失,確認方法,住民票,社労士,社会保険労務士,社労士金子幸嗣事務所

【Udemy講座】
「老後不安」のナゾを解く講座
https://www.udemy.com/beyondretirement/

【LINE@】
https://line.me/R/ti/p/%40btw2564z

【ナレーションテキスト化】

とある銀行で新規に口座を開設したところ、

マイナンバーカードのコピーの提示を求められました。

2018年1月から、預金口座へのマイナンバー付番が

始まっています。

銀行としては、預金者の口座をマイナンバーで管理することが

義務づけられることになりました。

ただし、預金者が銀行にマイナンバーを提出することについては、

義務とはなっていません。

すでに開設済みの口座も同じ扱いです。

仮に預金者が銀行へのマイナンバーの提供を拒否した場合

どうなるんでしょうか?

この点、マイナンバー総合フリーダイヤルで問い合わせたことろ、

「銀行と相談してください」

とのことでした。

要するに、預金口座とマイナンバーのヒモ付けは法的に確定している

わけですが、管轄官庁は、その運用を「銀行にマル投げした」ということです。

マイナンバーの提示を拒否する人の口座はどうなるか?

口座を開設した銀行に問い合わせると

すでに現時点で、一部の取引ができなくなるそうです。

将来的には、間違いなく強制解約になるはずです。

くりかえしますが、銀行が預金者の口座をマイナンバーで管理する

ことは「法的な義務」となっているわけですから、

他に選択の余地はありません。

銀行の担当者も同じ見解でした。

今回は、以上になります。

【運営者プロフィール】

運営者プロフィール