【オススメ】過去世退行催眠

未分類
過去世退行催眠

過去世退行催眠 Hypnosis,過去世退行催眠,前世,ヒプノセラピー,安眠,瞑想,リラックス,癒し,スピリチュアル,hypnotherapy,潜在意識,引き寄せ,睡眠導入,睡眠,動眠,入眠

皆様という神様は、輪廻という「夢のつづき」を選んで、今世までずっとRPGゲームをしてきましたが、

皆様という神様は、本当は「すでに完全」なのだから、本当は、

輪廻を通して、何も学ぶ必要はなく、何を足す必要もなく、何かより良き者になる必要もないのです。

皆様という神様は、すでに、ずっと、永遠に、最初から完全な存在のままだったのです。

輪廻のからくりに気づき、輪廻に、ありがとうと、さよならを告げましょう。

そして、皆様という神様は、無条件の愛のもとへ還ってゆくのかも知れません。

コメント

  1. しずかなチャンネル. より:

    皆様という神様は、輪廻という「夢のつづき」を選んで、今世までずっとRPGゲームをしてきましたが、

    皆様という神様は、本当は「すでに完全」なのだから、本当は、

    輪廻を通して、何も学ぶ必要はなく、何を足す必要もなく、何かより良き者になる必要もないのです。

    皆様という神様は、すでに、ずっと、永遠に、最初から完全な存在のままだったのです。

    輪廻のからくりに気づき、輪廻に、ありがとうと、さよならを告げましょう。

    そして、皆様という神様は、無条件の愛のもとへ還ってゆくのかも知れません。

  2. さあ より:

    イヤホン推奨ですか??

  3. 六角八京 より:

    本当か妄想か区別はつかないが、自分の見たものは、
    ○木でつくられた十字架が頭をよぎる
    ○着物、刀、足袋、草履を身に付けている
    ○薄汚れて痩せこけた女・子供が縄で繋がれて役人につれていかれている
    ○自分は、持ち物全部とられ、縄で縛られ小舟に乗せられてどこかにつれていかれる
    というものだった。
    ちなみに今の自分はキリスト教徒ではないです。

  4. ブッチャーマイケル より:

    私もヨーロッパ人で拉致か行方不明になってたらしい、お父さんみたいな冠の人とハグして泣いて、で、美人女性が囲んで泣いてくれてた。旦那と思われるイケメンヨーロッパ人にやっと会えて泣いてたな。会いにいくからなと言われバイバイしたけど、ヨーロッパ人とイケメン旦那って願望思われる…少女漫画の見過ぎか、、これ本当だったら嬉しい😂

  5. momo より:

    最初の
    「カコセーヘノイザナイ」
    が好きすぎてこれ聞くと寝るモードに入れるようになった
    ごめんなさい睡眠用BGMとしてしか使ってないです

  6. おーさ より:

    これ聞いてたら途中で寝ちゃったんだけど、
    夢で、前世の自分?みたいな人の一生を
    すべり台をすべりながら見てました。
    【夢の内容】
    〜最初の方~
    (男の子)僕は今4歳!
    (私)え?!名前は?
    (男の子)「やまぐり ゆうた」っていうの
    (男の子)年中さんになったよ
    ・・・(すべり台に座っていてエスカレーターみたいにのぼってる)
    (男の子)7歳になった!
    (私)・・・(無言)
    ~途中~
    ほとんど覚えてない
    〜最後の方〜
    何故か、ゆうたくんのお母さんが
    癌で亡くなったことを私は知っていた。
    そして、ゆうたくんも癌だった事を知っていた。
    ゆうたくんは、14歳くらいになってて、薄ピンクの髪をしてた。
    すべり台をどんどん滑っていって
    すべり終わる頃には、2人とも息ができないくらい大泣きしてた。
    (ゆうた)ごめんね。最後まで生きれなくて。
    (私)いいよ。それで楽になれるなら・・・
    その後、ゆうたくんは、癌では無く
    自殺で亡くなったことを私は知っていた。

    こんな感じの夢です。
    不思議だな〜

  7. ねゆき。 より:

    たぶん昔の時計屋?時計修理屋?
    時計とか部品とかがバーーーって沢山並んだ壁の前、でっかい机で作業をしてるやや年配の眼鏡をかけた男性が目の前にいる。
    関係性は分からないし、その人は全くこっちを見ないけど、自分はその人を尊敬してる感覚。
    手元を見ると何かの部品があって、たぶん自分も何か作業してる。
    和装に見えるけど時代はわからない。

    場面は変わって何かから走って逃げてる。江戸っぽい街並にも見えたけど明治って方がしっくりくるかも。確信はない。
    相変わらず和装。逃げなきゃって気持ちだけがバーって入ってきた。
    餅屋の角(ってイメージがきた。多分この人にとっての安全地帯みたい。)に逃げこんで、その路地から大通りを警戒してる。

    死の場面。そんなに年は取ってなさそう。布団に寝そべっていて、呼吸がすごく苦しい。なんとなく死を悟って、このまま1人で死ぬのかなって思ってたら(なぜか自分なんか誰も看取ってくれないものだと思っているようだった)、突然すごい足音がして、「ジュウゾウ?シュウゾウ?さん!!!!」って和装の愛嬌ある感じの女の人が障子を開けて入ってきた。自分の呼ばれてた名前って感じがした。その人はすごく焦ってるみたい。おそらく親密な関係。多分子供もいる。男の子。なぜかその人を見て自分は安心してた。そこで記憶終了。

    最後の会話のところで「この女性は誰?」って聞いたけど、「わかるでしょ?」ってはぐらかされた。
    「天使」で幼女を思い浮かべてたのに、その時だけその女性の姿に変わってた。
    それが、今の私の感覚では、どうして変わったの??怖いってなってるのに、その時の自分?その男の自分?の感覚では、ごめんな、申し訳ない悔しいって感情。
    なんとなくだけど母音が「あ」で始まる名前で呼んでたみたい。

    これ全部妄想だとしてもすごいな。
    こんな物語考えれたことないよ今までの人生で。

  8. 古の魔導師 より:

    1番最初の54321のときに思い出した最近で楽しかった食事が、すでに今の自分じゃなかった件についてwww
    嬉しんだけど切なくて、なんか、めっちゃ泣いた。
    お父さんと2人だった。自分は子供だったw

  9. はるはる より:

    もう2年くらい前から何回か試してるけど、毎回寝ちゃうか妄想になる。
    でも今回は、扉のところでまだ開いてないのに、断片的だけど、頭にフッと浮かんできた。忘れない内に記録しておく。
    なんか自分の頭の捏造かもしれないけど、江戸時代くらいの髪型した女の人の顔がどアップで映って、最初は笑顔だったけど、その後、すっごい睨んだ怖い顔になった。あと、マンガの一コマみたいなのに、「絶対嫌だ!」みたいな感じの文が右上に強調して囲まれてて、そのコマに人物が二人向かい合ってた気がしたけどそこは曖昧。
    あと何回やればちゃんと思い出せるかな、、、

  10. マルコ より:

    とにかく怖いっていう感覚になって怖すぎて途切れ途切れになってしまいます。
    怖くても続けた方がいいのかな?

タイトルとURLをコピーしました