【オススメ】更年期障害の症状の出方には順序があります

【オススメ】更年期障害の症状の出方には順序があります

更年期障害の症状の出方には順序があります びわの葉温灸,乳がん,神奈川びわの葉灸,びわの葉灸,がん温熱,ヒートプロテインショック,がん温灸,がん治療,気功治療,気功治療院

更年期障害の現れ方には一定の順序があり、多くは40代前半、更年期の初期に始まるのがまず月経不順です。そして40代の半ば頃は血管の収縮と拡張に関わる自律神経失調症状(冷え、のぼせ、ほてり、異常発汗、動悸、めまいなど)が1~数年続いて、本人も更年期に入ったのかなと自覚しはじめます。40代の後半から50代にかけては精神・神経症状(不眠、不安、イライラ、ゆううつ、すぐ怒る等)がみられるようになります。肩こりや腰痛などは40~50代にかけての老化現象でも起こりますが、更年期の冷えからくる血液循環不良によるものもあります。そして更年期後期から起こる症状には、皮膚のしびれ感や痒みがあります。これらは神経の異常ではなくて、今まで皮脂の分泌やコラーゲンの産生を促していた
エストロゲンが減少して、皮膚が乾燥して角質が薄くなり、バリア機能が落ちるために皮膚が過敏になるのです。また新陳代謝が衰えて、しわやしみも消えなくなります。閉経後しばらくすると、外性器や膣の不快感や痒みが起こる事があり、これもエストロゲンの減少によって生殖器の粘膜が薄くなって乾燥し萎縮してくる為です。50代の半ば以降の初老期に起こる尿失禁は全身の筋力が衰えて骨盤底筋がゆるんでくるので、目立って増えてくる症状です。女性の更年期の年齢は40~60歳と幅広くて個人差があり、早い人は30代後半から更年期の徴候が見られる事があります。更年期症状を訴える患者さんには、その人の年齢に合わせてシフトすれば、現在どの段階の更年期なのか、次に現れる症状か何かを予測することができます。