【オススメ】10の若い頃に知っておくべき更年期の症状

【オススメ】10の若い頃に知っておくべき更年期の症状

10の若い頃に知っておくべき更年期の症状 更年期,更年期障害を緩和する方法,更年期の間気分良く過ごす方法,よくある更年期の症状,女性の健康,女性のヘルス,女性の身体,健康でいる,気分変動,ホットフラッシュ,気分良くなる,記憶力の問題,頭痛の緩和,ストレスを避ける,低い性欲,更年期の間何を食べるか,ブライトサイド,ブライト サイド ビデオ,ブライト サイド

更年期障害を緩和させる方法とは?48歳が、女性が更年期の症状を経験し始める平均年齢です。更年期の始まりは、女性に1年間生理がない時からになります。この期間、女性は身体のホルモンの変化に関係する不快な症状を経験することになります。これは、遠い未来のことのように思えるかも知れませんが、対処法を知っていれば、あなたはこの時期をかなりラクに過ごすことができます。

タイムスタンプ:

気分変動をやわらかくするには 1:16

ほてり、ホットフラッシュを防ぐには 2:51

良い睡眠を取るには4:01

鬱をやっつけるには 4:56

記憶力の問題への対処法 6:10

血管の問題を少なくするには 7:03

むくみを緩和するには  7:37

頭痛を減らすには 8:38

ストレスを避けるには 9:18

性欲減退に向き合う 10.10

おまけ:更年期の間の食事 11:03

概要:

-気分変動がホルモンの変化に関係するとはいえ、この症状を緩和することは可能です。週に4回、各50分間の有酸素運動が、気分変動を少なくします。

-この症状を軽くするには、カフェイン、スパイス、アルコール(特に赤ワイン)を避けるべきです。 あなたが喫煙者であれば、毎日の生活からタバコを排除することで、症状は軽くなるでしょう。

-睡眠の問題は、更年期の違う段階で起こるということを発見しましたが、全段階に於いて、鬱、またホットフラッシュとの関連性があったのです。これらの問題が解決すれば、睡眠も普通の状態に戻ります。

-早目に医師の元に行き、鬱のテストを受ければ、症状を軽くするか、もしくは失くすことさえできる治療を受けることが可能です。

-ネガティブな感情を持つことの多い女性は、前向きにいるよう努力する女性よりも、テストの結果が悪いということもわかりました。

-起こり得るいかなる問題をも少なくする為、女性は更年期の間、心臓血管系によく気をつける必要があります。

-常に水分を補給をし、塩分の摂り過ぎに注意しましょう。毎日運動をして、むくまないようにしましょう。

-医師は、閉経周辺期や更年期の時期に起こる変化を安定させるホルモンセラピーを処方して、頭痛を減らすことができます。

-運動、ヨガ、瞑想などは、ストレスの症状をやっつけてくれます。

-人種や民族性が性的機能の減退に大きく影響し: 白人のアメリカ女性に比較すると、アフリカンアメリカンの女性では目立って減退が少なく、日系の女性は激しく減退することがわかっています。

-必要なカルシウムを摂取する為、じゅうぶんな乳製品を食べ、パン、ご飯、果物、シリアルから、繊維を摂りましょう。更年期をラクにする為、砂糖や塩の摂取を少なくしましょう。

https://www.youtube.com/audiolibrary/music

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

かいどうまゆ さくらい声優事務所

未分類カテゴリの最新記事