【オススメ】体臭!洗い過ぎは逆効果。洗い過ぎは臭くなる!

【オススメ】体臭!洗い過ぎは逆効果。洗い過ぎは臭くなる!

体臭!洗い過ぎは逆効果。洗い過ぎは臭くなる! 洗い過ぎ,体臭,臭くなる,逆効果

身体を洗い過ぎると、かえって臭くなるというのは本当でしょうか
実は本当にこのようなことが起こりうるのです。清潔好きの人にとってはショックなことかもしれませんが、【洗い過ぎはクサクなる】そのメカニズムについてお話したいと思います。

体臭の原料となるのは汗や皮脂ですが、汗だけでは無臭です。サウナが無臭なことこらも汗が無臭であることは実感頂けるのではないでしょうか?

しかしこの汗をエサに雑菌が繁殖すると、雑菌は繁殖する際の老廃物としてニオイ物質を作り出すのです。そしてこのニオイ物質を作り出す菌、この菌の種類によって不快な体臭となる場合と不快でない(むしろ心地よい)体臭となるかが決定します。

私達の皮膚表面は常在菌によりバリアのように覆われていて、悪い感染力のある菌などから守ってくれています。この常在菌の種類も様々あるのですが、表皮ブドウ球菌という菌が繁殖して発生するニオイは決して不快な体臭ではないのです。逆に黄色ブドウ球菌という菌が増えると不快な体臭が発生します・

通常、これらの常在菌バランスが保たれているのですが。洗い過ぎるとこの常在菌、特に表皮ブドウ球菌という良い菌を洗い流してしまうことになります。

良い菌(表皮ブドウ球菌)と悪い菌(黄色ブドウ球菌)はその量によって各勢力が変化し、1つでも多い菌の方が精力的に大きくなります。1個でも多い方の菌が精力を拡大するのです。

通常良い菌(表皮ブドウ球菌)はシャワーをあびると80%お湯につかると90%減少してしまいます。しかし残った10%の菌が24時間かけて元の状態にもどしてくれるのです。

しかし石鹸でゴシゴシ洗いをしてしまうと99%表皮ブドウ球菌は流されることで常在菌バランスが崩れ、黄色ブドウ球菌や真菌が繁殖するようになり不快な体臭となりやすくなってしまうのです。

ですのでゴシゴシ洗いは禁物。さらに重要なのが洗い方。石鹸は大手の皮膚に優しい(安価)石鹸で、泡立てネットなどを使い。細かい泡にして前進を素手であらてあげましょう。また洗う前あは湯舟につかり汚れを浮かし。細かい泡にして素手であらうのがポイントとなります。

細かな泡にするにはショップなどで泡立てネットが販売されています。